当サイトはプロモーションを含みます

【表で簡単】「赤いレターパック」と「青いレターパック」の違いについて

【表で簡単】「赤いレターパック」と「青いレターパック」の違いについて

この記事では、「赤いレターパック」と「青いレターパック」の特徴と主な違いについて詳しくご紹介します。

以下は、「赤いレターパック」と「青いレターパック」の違いについて表でまとめたものです。

内容については表の下で説明していきます。

「赤いレターパック」と「青いレターパック」の比較

特徴 赤いレターパック
(レターパックプラス)
青いレターパック
(レターパックライト)
料金 520円 370円
配送方法 受取人と直接手渡し、受領印が必要 郵便受けにお届け、受領印は不要
重量制限 4kgまで 4kgまで
サイズ 長辺34cm×短辺24.8cmのA4 長辺34cm×短辺24.8cmのA4
厚み制限 なし 3cmまで
追跡機能 あり あり
全国一律料金 はい はい
配送速度 最短翌日 翌日または翌々日配達

※どちらも切手は要りません。
※土曜日・日曜日・祝日も配達してくれます。

「レターパックプラス(赤色)」の概要と利用方法

「レターパックプラス」とは、日本郵便が提供する便利な配送サービスの一つです。全国どこへでも一律料金で文書や小包を送ることができます。

利用者は、郵便局に直接持ち込むか、最寄りのポストに投入することでこのサービスを利用できます。「レターパックプラス」を使う場合、配達員が受取人と直接会って荷物を手渡しし、その際には受領印が必要となります。

このサービスは520円の料金で提供され、荷物は4kgまで、そして厚みに制限がないため、多様なニーズに応じた配送が可能です。

「レターパックライト(青色)」の詳細と特徴

「レターパックライト」は、日本郵便が提供する手軽で便利な郵送オプションです。このサービスを利用すると、全国どこでも一律料金の370円で荷物を送ることができます。

配送は受取人の郵便受けへ直接届けられる方式です。重量制限は4kgまでで、荷物の最大厚さは3㎝です。また、このサービスの特徴として、通常、翌日または翌々日には配達される迅速さがあります。

「レターパックプラス(赤色)」と「レターパックライト(青色)」の特徴と違い

「レターパックプラス(赤色)」と「レターパックライト(青色)」の特徴と違い

「レターパックプラス」と「レターパックライト」は日本郵便が提供する郵送サービスで、どちらもA4サイズ、4kgまでの荷物を全国一律料金で送ることができ、配送状況はオンラインで追跡可能です。

この二つのサービスの主な違いは料金と配送方法にあります。「レターパックプラス」は520円で、配達員が直接手渡しし、受取人から受領印をもらう形式です。一方、「レターパックライト」は370円で、荷物は受取人の郵便受けに直接届けられ、受領印の必要がありません。

【まとめ】

【まとめ】「レターパックプラス(赤色)」と「レターパックライト(青色)」の違い

「レターパックプラス(赤色)」と「レターパックライト(青色)」では、主に料金と厚み制限、配達方法が異なります。

「レターパックプラス(赤色)」は520円、厚み制限なし。

「レターパックライト(青色)」は370円、厚み制限ありで3cmまで。

配達方法の違いとしては、「レターパックプラス(赤色)」は手渡しで受領確認が必要な高価なオプション、「レターパックライト(青色)」は経済的で郵便受けへ直接届く方式を採用しています。