当サイトはプロモーションを含みます

【新幹線の搭乗時間は何分前?】始発駅では5分から10分前、途中駅では1分前

【新幹線の搭乗時間は何分前?】始発駅では5分から10分前、途中駅では1分前

新幹線にいつから乗れるのか、多くの方が気にされる話題です。

始発駅で新幹線が車庫から出てくる場合、出発の10分前から乗車することができます。

また、新幹線が終点から折り返してくる場合は、出発の5分前から搭乗できるのが一般的です。

途中駅の場合は、新幹線が到着後、すべての降車が完了次第、乗車が可能となります。降車する人が少なければ、出発直前の1分前でも乗車できます。

さらに、安心して新幹線に乗るためには、どれくらい前にプラットフォームにいるとよいかについてもご説明します。

新幹線の乗車タイミング:始発駅と途中駅の違い

新幹線の乗車タイミング:始発駅と途中駅の違い

【始発駅の場合】

新幹線に乗る最適なタイミングは、始発駅によって変わります。新幹線が車庫から出発する場合と、終点から折り返して出発する場合の二つのケースがあります。

車庫を出発する新幹線では、出発の約10分前から乗車が可能です。

終点から折り返して始発となる新幹線の場合は、車両の清掃と点検後、出発の5分前から乗車できます。

【始発駅以外の場合】

その他の駅では、新幹線がプラットフォームに到着して、降車する乗客が全員降りた後に乗車が始まります。多くの人が降りる場合は、少し待つ必要が出ることもありますが、通常は出発1分前には乗車できるようになります。

また、接続する他の列車のスケジュールによっては、通常よりも長く停車することがあるため、使用する新幹線の時刻表をオンラインで事前に確認すると、プラットフォームでの不必要な長い待ち時間を避けられます。

新幹線自由席を確保するための最適なタイミングは?

新幹線の自由席を利用する際、席が事前に決まっていないため、早めにホームに並ぶことが重要です。ホームでの待ち順によって、乗車後の座席選択が左右されるため、出発時間前には余裕を持って並ぶことが推奨されます。

特に、旅行のピークシーズンには、ホームでの待機時間が長くなりがちです。以下の情報を参考にしてください:

ピーク時(ゴールデンウィーク、お盆、年末年始など)は出発の約40〜50分前には並ぶことが理想的です。これらの期間は、新幹線が特に混雑し、乗車率が200%を超えることもあります。席を確保するためには、早めに列に加わることが必要です。

座席確保が最優先事項であれば、出発の30分前にはホームにいることが席を得るために有効です。

もしホームが既に混雑している場合は、次の新幹線を待つ選択もありますが、その場合はさらに長い待ち時間を覚悟する必要があります。

非繁忙期の新幹線利用:自由席は何分前にホームに?

新幹線の旅行は、混雑していない時期が最もスムーズです。通常、出発の15分前にホームに到着すると、自由席でも簡単に座ることができます。

繁忙期ではない場合、新幹線が満席になることは少なく、多くの車両が利用可能ですから、一人旅でも安心して座席を確保できるでしょう。また、グループで隣り合わせで座りたい場合も、平日なら出発15分前にホームにいれば十分です。

週末は少し余裕をもって、出発の20分前にはホームにいることが望ましいです。

新幹線の指定席について

予約済みの指定席の場合、出発直前までホームに到着していなくても問題ありません。指定席料金は座席を事前に確保するためのもので、必ず出発前に座っている必要はありません。ただし、時計の誤差を考慮して、出発の5分前にはホームにいるのが理想的です。

最後に

新幹線は何分前に乗れるのか【まとめ】

自由席を希望する場合は、通常は出発15分前にホームにいるのがおすすめです。

指定席を利用する際は、出発5分前までにホームにいることで、余裕を持って乗車できます。繁忙期には自由席を利用して座るために、少なくとも出発50分前にホームにいるのが良いでしょう。

自由席はコストが低く、追加料金が発生しないため、多くの人に選ばれています。また、駅の構内が不慣れな場合は、迷わないよう早めにホームに向かうことが推奨されます。