当サイトはプロモーションを含みます

凧揚げ完全ガイド: 正しい数え方から起源、作り方まで

凧

多くの人が子供の頃に手作り凧を高く飛ばした思い出があるかもしれませんね。しかし、デジタルゲームやその他の娯楽が増えるにつれて、昔ながらの凧揚げを見る機会も少なくなりました。凧が空を舞うあの喜びや、何度も改良を重ねて飛ばす楽しみを思い出すと、現在の凧揚げの減少が少し寂しく感じられるかもしれません。

家族や地域の子どもたちと凧について学び、共に楽しむ時間を過ごすのは素晴らしいことです。凧の数え方について尋ねられた際に困惑することもあるかもしれませんが、実はそのための正しい方法があります。

この記事では、凧の数え方だけでなく、その歴史や効果的な作り方までを詳しく解説します。この知識を生かして、お正月などの特別な時に凧揚げを楽しんでみてはいかがでしょうか。

凧の数え方:4つの方法で種類別に解説!

凧の数え方

凧の数え方はいくつかの方法があります。今回は、主に使われる4つの方法をご紹介します。

枚数で数える:1枚、2枚

紙や薄い素材のアイテムを数える際によく用いられる「枚」という単位は、凧にも適用されます。多くの場合、1枚、2枚というように数えます。

張数で数える:1張、2張

紙やビニールでできた凧の場合、「張」という単位を使うことがあります。この言葉を聞くと意外に思うかもしれませんが、使ってみるとぴったりと感じるはずです。

連数で数える:2連、3連

凧がいくつか連結されている場合、その連結部分ごとに「連」と数えます。例えば、2つ連結されていれば2連、3つであれば3連と数えます。

連結された凧が空を飛ぶ様子は、見ているだけで楽しさが感じられます。

個数で数える:1個、2個

最も一般的な数え方は「個」を用います。凧の場合も、シンプルに1個、2個と数えることができます。

これら4つの方法は、凧の素材や形状に応じて使い分けられるのが一般的です。

凧の多彩な形状と種類を紹介

晴れた日に空高く舞う凧は、見る人の心を晴れやかにします。凧には様々な形や種類がありますが、今回は特に人気のある4つのタイプをご紹介します。

角凧

角凧は、和紙と竹を使って作られる日本の伝統的な凧です。その形は長方形や正方形が多く、シンプルながらも魅力的なデザインです。

ゲイラカイト

アメリカ生まれのゲイラカイトは、三角形をした西洋式の凧です。プラスチックのフレームにビニールが張られており、大きな目が特徴的なデザインで視覚的にも楽しめます。

立体凧

立体凧は、その名の通り三次元的な形状をしており、長方形や正方形、三角形などが空洞になっているものが一般的です。製作は少々複雑ですが、空に揚げた際の美しさは格別です。

連凧

連凧は、小さな凧を数枚から数千枚連ねて作る凧で、枚数の多さが特徴です。世界記録にもなっている連凧は、その壮大な景色で人々を魅了します。

各地にはそれぞれの伝統に基づいた凧があり、その地域特有の凧を作ることも楽しみの一つです。

凧揚げの歴史とお正月の風習

凧の多様な数え方や形状を紹介しましたが、凧がどのようにして誕生し、国民に愛される娯楽となったのか、その歴史を探ります。特にお正月に凧を揚げる習慣についても詳しく見ていきましょう。

凧の起源:古代中国

凧の起源は古代中国までさかのぼります。当時、凧は「紙鳶(しえん)」と称され、主に軍事的な通信手段として利用されていました。この紙鳶は紙で作られた鳶(とんび)の形をしており、現在の凧とほとんど変わりません。

最初は軍事目的で使われていた凧が、時間が経過するにつれて遊びとして一般に広まり、日本に伝わって平安時代には貴族の間で楽しまれました。その後、戦国時代を経て江戸時代には庶民の間でも人気の娯楽となりました。

凧の名称に関する面白いエピソードもあります。江戸時代、凧が空に舞う姿がイカに似ているとして「イカのぼり」と呼ばれていましたが、その普及による農地への損害を防ぐために「タコ」と改称されることになりました。これは、規制を逃れるために「イカではなくタコです」と主張した巧妙な言い換えが由来です。

このようにして、凧揚げは古くからの起源を持ち、特にお正月には多くの人々が楽しむ伝統的な遊びとして定着しました。

お正月に凧揚げをする理由

古代中国の軍事用具「紙鳶(しえん)」が日本で遊びとして定着した背景は理解していますが、なぜ特にお正月に凧を揚げる習慣が広まったのでしょうか。この習慣の背後にはいくつかの理由が存在します。

①健康を祈る伝統的な風習

「立春の李に空を向くは養生の一つ」という古い言い伝えがあり、これは「新年に空を見上げることが健康に良い」という意味を持っています。この風習から、新年に凧を揚げることで健康を祈願する習慣がお正月の風物詩として広がりました。

②男子の誕生を祝う風習

江戸時代、男の子が生まれた家庭ではその子の無事な成長を願い、年の初めに凧を揚げる風習がありました。この習慣が次第に広まり、お正月に凧揚げを行うことが一般的になったとされています。

③幕府の規制緩和

また、江戸時代には凧揚げが非常に人気となり、時には禁止されるほどでした。凧揚げが武家屋敷や参勤交代の行列の妨げになることが問題視されたため、幕府は参勤交代のないお正月のみ凧揚げを許可するようになりました。これがお正月に凧揚げが行われる理由の一つです。

これらの理由から、お正月に凧を揚げる風習は、健康や成長の祈りを込めたものとして、また縁起が良いとされる行事として位置づけられています。凧揚げには願いを空高く送る意味合いや、厄除けの意味も含まれていると言われています。

凧作りの基本と飛ばす際のコツを紹介!

凧揚げは健康や成長の願いを込めた、運気を高める楽しい遊びです。初心者でも簡単に作れる凧の作り方をご紹介するので、ぜひ挑戦してみてください。

初心者向け!簡単に作れる凧の作り方

凧作りは見た目ほど難しくはありません。ここでは、手元にある材料を使って誰でも簡単に作れる方法を動画で分かりやすく説明します。

①コピー用紙で作る方法

簡単な凧であれば、コピー用紙(A4,B3,A3)とタコ糸、のりで作れます。あれば、カッター、目打ち(つまようじ)、定規、えんぴつ。

②ゴミ袋で作る方法

使用するのはゴミ袋(ビニール袋)と竹ひごやストローなどの軽めの棒を使います。糸は木綿糸かタコ糸のどちらでもかまいません。動画内では木綿糸を使っています。理由は木綿糸の方が軽くて少ない風で高く上がるからです。作るときに、ハサミ、ものさし、セロテープで凧を作ります。

これらを使って、公園の木よりも高く飛ぶ凧を自宅で作ることができます!

凧作りのポイントは、左右のバランスをきちんと整えること、そして風に強い丈夫な材料を選ぶことです。また、自分だけの特別な凧にするために、カラフルなペンなどで楽しく装飾を施すのもおすすめです。


初めて凧を作る方も、この方法なら簡単に挑戦できます。この機会に、自作の凧で空の大冒険を楽しんでみませんか?

凧揚げを成功させるための重要ポイント

凧揚げを成功させるための重要ポイント

凧揚げは楽しいレクリエーションですが、安全にかつ高く凧を飛ばすためにはいくつかの重要なポイントを押さえておく必要があります。

①適切な場所の選定

凧を安全に揚げるためには、広く開けた場所を選ぶことが重要です。住宅街や道路の近くでは人や車の通行による危険が伴いますし、電線などの障害物がある場所も避けましょう。理想的には、広い公園や河川敷がおすすめです。また、空港の近くや特定の高さ制限がある地域では凧揚げが禁止されていることもあるので、事前に地域の規制を確認することが大切です。

②風の状態を確認

凧揚げに最適な風の条件を見極めることも重要です。強すぎる風や、全く風がない状態では凧をうまく飛ばすことができません。凧揚げをする前に、風の強さや方向を確認し、最適なタイミングで凧を揚げるようにしましょう。

③大人の監督と支援

子供が凧揚げをする際には、大人が同伴して安全を確保することが必須です。大人が凧の操作を手助けし、子供が凧糸を適切なタイミングで引っ張る方法を教えることで、安全かつ効果的に凧を飛ばすことが可能です。大人の監督は事故を防ぐだけでなく、凧揚げの技術を向上させるのにも役立ちます。

凧についての興味深い事実を一挙紹介

凧の数え方には「枚」、「張」、「連」、「個」という四つの方法があります。また、凧の起源は古代中国の軍事用途に遡り、「紙鳶(しえん)」として遊びの形で日本に伝わったとされています。お正月に凧を揚げる習慣には、古くからの言い伝えや幕府の政策など、様々な由来があると言われています。

凧を作る際は、家にある材料でも簡単に作れますが、左右のバランスと使用する材料の強度が重要です。凧揚げの成功には、適切な場所選びと風の条件を見極めることが鍵となります。

凧の歴史は深く、凧揚げは多くの幸運をもたらすと考えられています。もし新年に凧揚げを計画しているなら、これらのポイントを参考にして、お正月に楽しんでみてはいかがでしょうか。