当サイトはプロモーションを含みます

ヤマダ電機の乾電池回収ボックスは何を捨てれる?家庭で使い終わった電池の処分方法

ヤマダ電機の乾電池回収ボックスは何を捨てれる?家庭で使い終わった電池の処分方法

家庭で不要になった古い電池はありませんか?

そんなときは、ヤマダ電機の電池回収プログラムが大変役立ちます。

ただし、回収可能な電池とそうでない電池がありますので、どの電池が回収対象かは事前に確認する必要があります。

この記事では、ヤマダ電機の電池リサイクルプログラムについて、回収対象となる電池の種類や回収方法、回収できない電池の適切な廃棄方法について詳しく解説します。

ヤマダ電機での電池回収:対象となる電池と回収できない電池の基準

ヤマダ電機での電池回収:対象となる電池と回収できない電池の基準

ヤマダ電機では通常、リサイクルマークのある電池を回収対象としていますが、店舗によって取り扱いが異なるため、訪問前に確認することが大切です。

アルカリ電池やマンガン電池(リモコンや時計、ポータブル音楽プレーヤーなど)

リモコンや時計、ポータブル音楽プレーヤーなどに使用されるアルカリ電池やマンガン電池などの乾電池は、一部の店舗に設置されている回収ボックスで受け入れています。ただし、購入した電池のみ回収するポリシーを持つ店舗もあるため、その点は事前に確認が必要です。

回収ボックスが設置されていない店舗では、スタッフに直接確認することが推奨されています。無料での回収サービスが提供されていない場合は、購入時に持ち込みが可能かどうかを尋ねると良いでしょう。

リチウムイオン電池やニッケル水素電池(ポータブルデバイスや電動工具)

ポータブルデバイスや電動工具に使用されるリチウムイオン電池やニッケル水素電池については、多くのヤマダ電機店舗で回収が可能ですが、全店舗で統一されたポリシーがあるわけではありません。一般的には小型家電回収ボックスを利用することが多いですが、回収ボックスの数が減少しているため、設置されていない場合は直接スタッフに依頼することが求められます。

液漏れや破損した電池

液漏れや破損した電池は、安全のため袋に入れてから持ち込むことが推奨されています。また、ヤマダ電機での回収が困難な場合は、多くの自治体で一般ゴミとして処分できるため、地元のルールに沿って処分することを検討しましょう。

膨張したりリサイクルマークがないリチウムイオン電池の回収は、店舗によっては拒否されることもあるため、処分する際は事前に店舗への確認が必要です。

ボタン型電池の回収情報

ヤマダ電機では一部の店舗でボタン型電池の回収を行っていますが、全店舗でのサービス提供はありません。サービスの有無は、直接最寄りのヤマダ電機で確認するか、一般社団法人電池工業会のウェブサイトで回収に参加している店舗を調べることができます。

回収ボックスが設置されていない店舗もありますが、その場合はサービスカウンターで直接回収を依頼できます。液漏れや破損した電池は、袋に入れて持参することで清潔に回収することが可能です。また、購入した電池の数量だけを回収する店舗もありますので、事前の確認が必要です。

コイン型リチウム電池の回収情報

コイン型リチウム電池については、ヤマダ電機での回収は一般的に行われていません。回収可能な店舗がある場合でも、回収は購入した電池の数量に限られることが多いです。このため、店舗ごとのポリシーを確認することが大切です。

地域によってはコイン型電池を不燃ゴミとして処理できるため、ヤマダ電機で処理が難しい場合は、地域のゴミ処理ルールに従って処分することをお勧めします。

ボタン型電池とコイン型電池の見分け方

ボタン型電池とコイン型電池は、その形状や表面に記載されている型番によって識別することができます。

ボタン型電池は通常、厚みがあり、直径が20mm以下の小型サイズであり、対照的にコイン型電池はより薄くて直径が一円玉ほどあります。

型番での識別では、ボタン型電池には「LR」「SR」「PR」といった記号が、コイン型電池には「CR」「BR」といった記号が用いられています。

電池の形状と一般的な用途

– ボタン型電池:厚みがあり、直径20mm以下で、電子体温計や補聴器によく使用されます。
– コイン型電池:薄く、一円玉程度の直径で、車のリモコンキーや電卓などに利用されます。

ヤマダ電機の電池回収サービスのポイント

ヤマダ電機の電池回収サービスのポイント

ヤマダ電機では、店舗によって電池回収サービスの提供状況が異なり、設置されていない場合はスタッフに直接回収を依頼する必要があります。サービスの有無は、事前に店舗で確認することが推奨されます。

電池の安全な処分方法について、ヤマダ電機では全種類の電池の端子にテープを貼る絶縁処理を推奨しています。これにより、電極間の偶発的な接触による事故リスクを減らします。

特に充電式電池の処分時には、端子をテープで覆い、透明または半透明の袋に入れることが求められます。これにより、回収や処理の過程でのリスクを最小限に抑えることが可能です。

地域ごとの電池廃棄手順ガイド

地域ごとの電池廃棄手順ガイド

ヤマダ電機をはじめとする各場所で、地域の廃棄規定に沿った電池の適切な処分方法を紹介します。

一般乾電池の処分方法:回収ポイントの確認

多くの自治体で、乾電池は「不燃ごみ」として処理されます。電池の端子にセロハンテープを貼る絶縁処理が推奨されています。乾電池専用の回収ボックスは、公共施設、電器店、ホームセンター、スーパーマーケットなどに設置されています。自治体の公式サイトで近隣の回収場所を確認するのも良いでしょう。詳細は居住地の自治体規則を参照してください。

充電式電池の処分方法(リチウムイオン電池やニッケル水素電池など)

リチウムイオン電池やニッケル水素電池などの充電式電池は、普通のごみとして処理せず、特別な扱いが必要です。これらの電池は発火リスクがあるため、特殊廃棄物として分類されることが一般的です。適切な処分方法としては、電気製品店や自治体の施設に設置されているリサイクルボックスへの投入が基本です。使用済みの小型リチウムイオン電池は、ビニールテープで絶縁処理を施した後、専門の回収場所に持ち込むことが勧められます。

ボタン型電池の廃棄方法(アルカリボタン電池など)

ボタン型電池の廃棄時には、通常のゴミとして捨てずに特別な処理が必要です。これらの電池に含まれる水銀のため、環境への影響を最小限に抑えるために適切な処理が求められます。

廃棄時には端子に絶縁テープを貼り、電気製品店や時計店に設置されている専用の回収容器に投入するのが推奨されます。見た目が似ているコイン型電池とは処分方法が異なりますので、正しく区別して処理することが重要です。ボタン型電池は専用の回収容器へ、コイン型電池は地域の指針に従って処分してください。

ボタン型電池の回収協力店は一般社団法人電池工業会のウェブサイトで検索できます。

ボタン型電池の回収協力店を見つける
※都道府県選択⇒市区町村選択で回収店舗がわかります。

コイン型リチウム電池の適切な処分方法

コイン型リチウム電池の廃棄については、地域により異なる規則がありますが、多くの場合「不燃ごみ」として処理されることが多いです。廃棄する前に、電池の端子をテープで覆って絶縁することが推奨されます。

特別な分類で回収される地域もあるため、居住地の規則に従って適切に処分することが重要です。ボタン型電池との区別が難しい場合もあるため、廃棄する際は正確に分別する必要があります。

【最後に】ヤマダ電機の乾電池回収ボックスで何を捨てれるのかについて

【最後に】ヤマダ電機の乾電池回収ボックスで何を捨てれるのかについて

電池の廃棄方法は種類によって異なります。一般的な乾電池は、ほとんどの自治体で「燃えないごみ」として処理され、廃棄前には絶縁処理が推奨されます。公共施設や電気製品店に設けられた乾電池回収ボックスの利用も一つの選択肢です。

充電式電池、特にリチウムイオン電池の廃棄には、発火リスクを考慮して専用の回収ボックスへの投入や専門店への持ち込みが必要です。リチウムイオン電池は、絶縁処理を施した後、適切な処分方法を選ぶことが環境保護と安全の確保に繋がります。

ボタン電池とコイン型リチウム電池は、環境への影響を考慮し、特定の回収方法を選ぶことが重要です。ボタン電池は専用の回収容器へ、コイン型リチウム電池は通常、自治体のルールに従って「不燃ごみ」として処理されますが、どちらも絶縁処理が推奨されます。

正しい廃棄方法の選択により、環境への貢献と社会の安全が守られます。自治体の指示や公式サイトの情報を参考にしながら、適切な処分方法を選びましょう。